当サイトで使用しているテーマ「SWELL」 Click

節約できずに悩む主婦におすすめ!クレカの使用枚数と使い方の改善策!

Contents

クレカを持つメリットとデメリット

 

まず最初にクレジットカードを持つことのメリットとデメリットについてです。

 

メリット

・現金不要!
・利用代金は後払い
・支払方法が選べる
・ポイントが貯まる
・魅力的な付帯サービス(補償)

 

クレカのメリットと言えば、何といっても「手持ちのお金がなくても買い物ができてしまうこと」です。

 

また、高価な買い物をしようと思った時にも、一括でなく分割払いやボーナス払いというように支払い方法を選べるのも大きなメリットといえるでしょう。

 

付帯サービスとは、旅行の際に空港ラウンジの利用や、国内外の宿泊施設等を会員特別価格で利用できる特典であったり、旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードなどがそうです。海外旅行に頻繁に行くという人であれば、その度に保険に加入する必要がなくなりますので、とても便利です。

 

 

デメリット

・お金を使っている感覚が薄れる
・衝動買いしてしまう
・借金地獄に陥る危険
・不正利用の危険性

 

この後、私が実際に経験したことを「身近に経験したクレカの危険性」として紹介していますので、ぜひ読んでみてください。クレカに対する意識や考え方が少しは変わってくると思います。

 

 

家計管理との関係

 

次に、クレカのメリットとデメリットを踏まえ、家計管理との関係について考えてみます。

現金の流れに逆らわないこと

私が考える家計管理は、「現金の流れに逆らわないこと」が基本にあります。

 

 

では、クレカはどうでしょうか?クレカは代金を後払いするものなので、現金の流れに逆らってしまうということは明らかです。

 

ですので、本来であればクレカを使いたくはありません。

 

恩恵をムダにしてしまう

ただ、クレカのポイントなど、受けられる恩恵を全く受けないというのも家計管理的に見て大きな損失になってしまいます。

 

普段の買い物だけでなく、公共料金などもクレカ払いにしてしまえば、還元率1%だと仮定しても結構大きなポイントになりますし、すぐに使えるギフト券や各種ポイントに交換できるなど、利用方法も様々です。

 

 

身近に経験したクレカの危険性

 

ちょうど結婚して1年くらい経ったころ、夫に多額の借金があり、返済資金として家のお金に手を付けていたという事実が発覚しました。

 

そもそも借金をしなければいけないほどに金欠になった理由は置いておいて、その逃げ道としてクレカが使われていたということです。

 

クレカで買い物し、リボ払いに変更して支払い期限を更に延ばし、どんどん借金が増えていってしまう!それとキャッシングリボといって、現金を借りて、その返済はリボ払いなので毎月一定額ずつ返済すればよいといったクレカの便利な部分を利用して、借金地獄に陥っていました。

 

Aカード

〇リボ払い 毎月14,923円返済(内利息が4,923円)
〇キャッシングリボ 毎月26,381円返済(内利息が6,381円)

 

Bカード

〇リボ払い 毎月30,000円返済(内利息が9,132円)
〇キャッシングリボ 毎月30,000円返済(内利息が3,102円)

 

2枚のクレカを合わせると、利息だけで毎月23,538円も返済していました。自転車操業ってやつですね。

 

借金事態は結婚する前のものでしたが、利息だけでも1年間に25万円以上の返済しなければいけない状態で、このまま放っておけば利息だけでも100万円以上返さなければいけません。

 

無駄な利息をこれ以上払い続けるわけにはいかないので、残っていた貯金と親から借りたお金で全額返済しました。

 

Aカードの臨時元本返済936,057円
Bカードの臨時元本返済1,131,137円
計2,067,194円

 

 

同時に家のお金の管理はすべて私がすることにしました(当然ですが、夫は小遣い制に)。

 

クレカは便利だけど、こういった状況にいつ陥ってもおかしくないということだけは、知識として持っておくことが必要です。

 

あわせて読みたい
家計管理に欠かせない「幅広いお金の知識」を身につけるための3つの方法!
家計管理に欠かせない「幅広いお金の知識」を身につけるための3つの方法!【お金に関する知識】お金に関する知識とはこのブログでは、「家計管理」の大切さについて、実践例と体験談を中心に紹介していきますが、家計管理を行っていく上で切っ...

 

 

理想的な使用枚数と使い方

 

メリットもデメリットもあるクレカですが、今の時代80%以上の人が1枚以上のクレカを持っていると言われています。

 

「クレカは持つ時代」だという前提で、①どのようなクレカを何枚持ち、②どういった使い方をして、③どのように管理するのかということを考えているかどうかだと思います。

 

私が実践しているクレカの利用方法を紹介します。

 

ポイントを重視したクレカ1枚と補償を重視したクレカ1枚の計2枚のクレカを持つようにしています!

 

ポイントを重視したクレカ

クレカを利用するなら「お金の流れに逆らわない範囲で利用すること」が大切であり、どうすればこのことを守った上でクレカが利用できるのかということを考えることが大切です。

 

家計管理を疎かにするわけにはいかないので、使用する度に手持ちの現金から支出し、カード代金支払い用として別に管理するという方法をとっています。

 

よく、家計簿にその月のクレカの利用明細を書いていくというものを見かけますが、それだけでは不十分だと思っています。キャッシュでお買い物をした時と同じ状態を保っておくことが大切であり、結果として節約にもつながっていくと思います。

 

家計簿の作り方は、今後紹介していく予定です。

 

補償を重視したクレカ

補償の重視のみでクレカを選んでいますので、買い物には一切使用することはなく、あくまで予備的に持っているカードです。

 

ただ、持っているメインカードのブランドがVISAならJCBを、JCBならVISAを持つというように、異なるブランドのカードを持つようにしています。いざという時に持っておくと便利なカードという位置づけです(当然年会費は無料!)。

 

 

クレカを利用する際の注意点

 

注意ポイント

・分割払いやリボ払いは極力避ける
・ポイントの分散は非効率ですので、ポイントのためだけに複数枚のクレカを持つことは避けるべきだと思います。
・一定金額以上利用した場合に年会費が無料になるといったクレカは極力避けるべきです。

 

 

まとめ

 

家計管理を進めていく上で、クレカの存在はとても重要になってきます。

 

誤った使い方や管理方法をしてしまうと、できる節約もできなくなり、家計管理が崩れてしまうことにもなりかねません。

 

紹介したクレカの枚数と使い方と今後紹介する予定の家計簿管理の方法を実践していけば、クレカとも上手に付き合っていくことができると思います。

 

あわせて読みたい
これを見れば家計管理の手順が理解できる!「本気の家計管理」の全体像!
これを見れば家計管理の手順が理解できる!「本気の家計管理」の全体像!【家計管理の全体像とは】 「本気の家計管理」と一言で言っていますが、実際にはライフプラン、ライフシミュレーション、家計簿、資産運用など、とても幅広いとこ...

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Contents
閉じる