当サイトで使用しているテーマ「SWELL」 Click

家計簿が続かず悩んでいる人必見!家計簿を続けるための「3つのコツ」

「家計簿を付けることが続かない」「家計簿を付けることが面倒だ」「家計簿を付けても何も家計は改善しない」など、家計簿を付けることに悩みを抱えている人は多いと思います。

 

この記事で紹介する「家計簿を続ける3つのコツ」を守れば、楽しく長く家計簿を続けることができるようになりますよ!

 

Contents

家計簿の目的

 

家計簿を続けるコツの前に、そもそもなぜ家計簿を付けるのか、その目的を説明したいと思います。

 

家計簿は、ただ入ってきたお金や出ていったお金を記録することが目的なのではなく、それらを期間を区切って集計し、中身を分析することが目的です。

 

分析まで行うことで、どういった点を改善すればさらに貯金を増やしていくことができるのかといった家計の改善・見直しにもつながっていきます。

 

 

 

家計簿を続ける3つのコツ

家計簿を単体で終わらせない

家計簿を続けるための一つ目のコツは、「家計簿を単体で終わらせない」ことです。

 

いくら家計簿をつけた後、集計・分析し改善や見直しに使うといっても、上手く使いこなせなかったり、飽きてしまうことも実際にあります。

 

管理管理の話にはなりますが、一歩踏み込んで「家計B/S」を作るとこまでをセットで考えるというのも一つの方法だと思います。

 

家計BSの作り方は「自作フォームを公開!家計B/S(貸借対照表)の作り方!」を読めば簡単に作れますよ!

 

家計BSを作ることで、家計簿の成果が反映されて、よりその月頑張ったことに対する達成感や充実感を味わうことができ、モチベーションの向上にもつながるからです。

 

何より、今の家庭の財産を的確に把握することができるため、お金の使い方が改善されたり無駄な買い物を減らすという効果も期待できますね!

 

「初心者でも出来る!私が実践する「本気の家計管理」とは」を読めば、家計管理のことをもう少し詳しく知ることができますよ!

 

具体的な貯金目的と目標額を決める

家計簿を付けている人なら、貯金をしたい、節約したいなど、何かしらの目的を持っていると思います。

 

しかし、その内容に具体性がなかったり、今現在の生活のことだけを考えているようなケースもよく見られます。

 

ざっくりとした目標ではなく、例えば「令和5年の年末に結婚10周年の記念として家族で海外旅行に行くためのお金を50万円貯める」というように、お金を貯めるための目的、具体的に貯金する期間、金額を決めるようにしましょう!

 

具体的な目標を設定することで、目標までに毎月どれだけの貯蓄が必要なのかを把握することができるようになり、毎月の家計簿の分析にも役立ちます!

 

 

支出費目の設定を簡素に

 

家計簿が続かないという方であれば、そこから先の家計管理を続けるとなるとさらにハードルが上がってしまいます。

 

ですので、まずは家計簿自体を簡素なものにして、長く続けることができる環境作りを優先すべきだと思います。

 

一つの方法が「支出費目の簡素化」です。

 

どうしても使ったお金を費目別に振り分ける作業が手間だという方は、まずは支出費目の数を減らす方がいいでしょう!

 

その上で段階的にでも支出費目の数を戻していくという方法がおすすめですね!

 

私が実践する家計管理では、家計簿を付けた後一定期間で区切って「家計B/S」を作っていますが、その先のライフシミュレーションを行うためにも、それなりに細かい支出費目を設定しています。

 

細かければ細かいほど良いわけではありませんが、どういった分析やシミュレーションを行いたいかによって費目の設定も変えていくべきだと思います。

 

 

家計簿の独自性

市販の家計簿

市販の家計簿は、手作りに比べ作成時間がかからないこと、見た目が美しいこと、使いやすく工夫されていること、自分好みの家計簿を見つけることができることなどのメリットがあります。

 

逆に、購入費用がかかる、実際使ってみてやっぱり使いにくいって時に困る、どうしても理想的な家計簿に100%はならないといったデメリットがあります。

 

 

日本FP協会:家計の見直し・管理[2020年10月号]ではスマホ管理の記事が掲載されています。

 

手作り家計簿

私も最初は市販の家計簿を使っていた時があります。一時期百均で買ったものを使っていた時期もあったくらいです。

 

今はというと、手作り家計簿を作っていますが、基本的には全てパソコンでの管理をしています。

 

これは、家計簿だけでなく、家計B/Sやライフシミュレーションなどを結びつけた我が家の家計管理システムのようなものを作っているからです。計算が楽というのもありますね。

 

ただ、本当はノートに手書きして家計簿を付ける方が自分に合っているため、日々の支出は家計簿ノートにのみ書き、費目別の合計額をパソコンに入力する方法をとっています。

 

市販の家計簿も手作り家計簿もどちらもメリット、デメリットがありますので、自分にあった方法を見つけ、その方法で作っていくようにしましょう!

 

 

まとめ

 

紹介した家計簿を続ける3つのコツをもう一度確認しておきましょう。

 

家計簿を続ける3つのコツ

  • 家計簿を単体で終わらせない
  • 具体的な貯金目的と目標額を決める
  • 支出費目の設定を簡素に

 

「家計簿を付けることが続かない」「家計簿を付けることが面倒だ」「家計簿を付けても何も家計は改善しない」など、家計簿を付けることに悩みを抱えている方は、ぜひ「家計簿を続ける3つのコツ」に取り組んでみてください。

 

おすすめアプリ

リンククロスの家計簿アプリ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の新アプリ!マネーフォワード共同で作成されたアプリで、レシートをカメラで取るだけでグラフ化できたり、 銀行やクレジットカードの連携もできるので、スマホで簡単に一元管理できます!指紋認証でセキュリティ対策も安心できるアプリですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

そして、最終的な目標は「家計管理」をすることですので、目標を達成できるように少しずつ進んでいきましょう!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Contents
閉じる