当サイトで使用しているテーマ「SWELL」 Click

加入している「保険と年金」を自作ノートで管理する方法!

保険

何種類もの保険に加入していると、どの保険の満期がいつなのか、更新がいつなのか、見直しするにも何をどう見直したら良いのかなど、管理の方法に困っている方もいるのではないでしょうか。

 

紹介する「保険と年金」を自作ノートで管理する方法を実践するだけで、覚えておきたい内容、タイミング、金額が一目で分かる保険の一覧を作ることができて、管理も楽になりますよ!

 

Contents

自作の「我が家のノート」

我が家のノートを作る理由

私の家では「我が家のノート」を作るようにしていますが、最初にそのノートがどういうものなのかを紹介したいと思います。

 

基本的には家計管理のために作ることが目的で始めましたが、直接家計管理に結びつかないことであっても、あれば便利なもの、管理しておいた方が良さそうなものがいろいろあることに気付きました。

 

それがきっかけで、家計管理以外のこともノートにまとめるようになり、今も作り続けていますが、「我が家のノート」としていろいろなことをまとめるようにしています。

 

自作ノートで管理するメリット

ノートでの管理と書いていますが、ノートでなければいけないのかというと決してそうではなく、パソコンで管理しても問題はありません。

 

私も家計管理のうち、集計表などの計算が必要なものはパソコンで管理し、それ以外はルーズリーフでバインダー管理しています。

 

メリット

  • 自分で見て分かりやすい形で作成できる
  • すぐに手に取って見ることができる
  • 手で書くことで頭にも残りやすい
  • 全てが1つのノート(バインダー)に集約されるため、見たい情報をすぐに見つけ出すことができる

自分に合った方法で長く続けることができる手段で作ることが大切ですね。

 

管理表の書き方

 

具体的にどのような管理表を作成すればよいのかを解説していきたいと思います。

 

全く同じように作る必要はありませんが、「必ず書いておく情報」は取り入れ、そこに「付加しておくと便利な情報」の中から、あれば便利だなと思うものを追加していくようにしてください。

 

必ず書いておく情報

最低でも保険の種類、契約期間、掛金の支払終了時期は書いておくようにしましょう。

 

たったこれだけの情報で意味があるの?と疑問に思われるかもしれませんが、加入している全ての保険一覧を一目で把握・確認ができるように可視化することに意味があると思いますので、最低限ということであればこれだけの情報でも十分だと思います。

 

保険の管理

 

付加しておくと便利な情報

私の場合、必ず書いておく情報に加えて、次の点についても付け加えて書くようにしています。

付加した情報

  • 保障額
  • 解約返戻金の額
  • 学資保険のお祝い金の受取時期と金額
  • 毎月の保険料

ここまでの情報が網羅できていれば、調べたい時に保険証券や契約内容のお知らせなどを見返すことも減ってくると思います。

 

保険

 

管理表の活用方法

更新時期の管理

終身保険しか加入していような場合はあまり関係ないかもしれませんが、自動更新かどうかに関わらず更新がある保険や学資保険などで段階的にお祝い金として受け取ることも出来るような保険の場合、時期やタイミングなど情報として知っておいた方が良い事を確認することができます。

保険の見直し

今どのような保険に加入していて、その保険の内容の見直しや新たな保険の加入を検討する際にも活用することができます。

保険選びが不安な方はこちらをチェック!

 

これは、加入している保険の一部だけを見ても見直しなどの作業はできませんので、一覧表にしてそこに必要な情報を付記しておけば、見直しなどの作業もはかどりますし、見落としするようなこともなくなりますね。

どんな保険に入ればいいのか分からない人にオススメ!

保険資産の残高を確認

毎年、保険会社から契約内容のお知らせが送られてくると思いますが、お知らせに書かれている解約返戻金額を管理表に書いておくことで、資産としての保険が現在いくらあるのかが一目でわかります。

 

そうすることで、家計全体の資産に対して保険資産がどの程度の割合を占めているのかといったこともすぐに分かるようになりますね。

 

家庭の財産が総額いくらあるのかを管理する方法は、「財産目録」を活用して「家計B/S」の作成時間を大幅に短縮する方法!で紹介していますので、こちらの記事も見てくださいね!

 

 

まとめ

今回は、加入している「保険と年金」を自作ノートで管理する方法について紹介しました。

 

ノート管理しておけば、①更新時期を管理する、②保険を見直しする、③保険資産の残高を確認することができ、家計管理をする上でもとても役に立つと思います。

 

どの保険の満期がいつなのか、更新がいつなのか、見直しするにも何をどう見直したら良いのかなど、管理の方法に困ることもなくなるのではないでしょうか。

 

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Contents
閉じる