当サイトで使用しているテーマ「SWELL」 Click

財布のルールを変えるだけで家計円満に!理想的な家計管理の土台作り!

Contents

財布ルール

財布ルールとは

通常、夫婦それぞれが財布を持っていると思いますが、ここでは、それぞれの財布の意味合いを「財布ルール」と呼んで、どのような財布ルールが家計管理をする上で理想的なのかを紹介したいと思います。

 

もしかすると、「財布管理の方法」と呼んだ方がイメージは沸きやすいかもしれませんが、共働きの世帯と専業主婦の世帯でも財布管理の方法は違ってきますので、まずはどのようなパターンが多く採用されているのかを見ていきたいと思います。

 

財布ルールのパターン

①共働き

共働き世帯の場合、お互いに収入があるために、あらかじめ決めた金額を出し合って生活したり、支出する項目の内容によってどちらが負担するのかを決めたりするケースが多いように思います。

 

それ以外にも、家計の管理は全て妻が行った上で、夫のみ小遣い制にしているケースや、夫と妻の両方とも小遣い制にしているケースもあるでしょう。

 

 

②妻(夫)が専業主婦(夫)

どちらか一方にしか収入がない世帯の場合、例えば妻が家計を管理し、夫は小遣い制を採用している家庭が多いと思いますが、給料が入る口座からの引き落としを除いて毎月〇万円を生活費として毎月妻に渡すといったやり方を取っている家庭もあるのではないでしょうか。

 

 

我が家の財布ルール

 

最初に我が家の財布管理の状況を紹介したいと思いますが、私自身は少しパートをしている程度で、ほぼ専業主婦といってもいいくらいの状況です(子供も小さく育児に追われる毎日なので、パートは少しだけと決めています)。

 

独身時代から結婚して数年経つまでは私も働いていましたので、夫婦別財布制を取っていました。生活に必要な家賃や水道光熱費などは夫の口座から引き落としし、食費は基本的に私が支払うという割り振りにしていました。

 

貯蓄も同じで、夫は夫で貯金をするし、私は私で貯金をしていましたが、急な出費に備えて基本的に手を付けない共有の口座も作って管理をしていました。

 

その後、夫に借金があるということが判明(←クレジットカードを利用した借入とリボ払い)し、この時から私は家計管理に真剣に取り組むようになったことを今でも覚えています。

 

さらに詳しく

 

 

こう変えた!

  • 財布管理を一本化
  • 家計管理は全て私が行う
  • 夫も私も小遣い制

 

財布管理を分けたときのメリットとデメリット

 

では、財布の管理を一本化せずに分けた場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかを説明したいと思います。

 

メリット

①夫は私に、私は夫に、お金の使い道を知られない
②比較的自由にお金を使うことができる
③家計管理をする手間が省ける(⇒そもそも家計管理には向いていません)
④小遣い制に縛られる状態に比べるとストレスも少ない(⇒夫婦間とはいえ、適度な距離感を保つことができる(場合がある))

 

デメリット

①夫は私に、私は夫に、何にいくら使っているのか分からない(常に把握できない)
②家計管理が複雑になり、今私が実践している家計管理ができなくなる
③明確なライフシミュレーションができない(ライフシミュレーションがどのようなものなのかは、「これを見れば家計管理の手順が理解できる!本気の家計管理の全体像!」を読めば基礎的な部分は理解できると思います)
④夫婦の協力関係が薄れる
⑤収入に対する貯蓄率が低下する

 

メリットとデメリットを見て分かるように、夫婦の財布を別管理すること自体は、良い部分もあり、別管理するという方法自体を否定するわけではありません。

 

財布を別管理したということだけをもって「生活が安定しない」「貯蓄ができない」ということは決してありません。

 

しかし、一つ言えるのは、「明らかに家計管理には不向きな方法」だということです。

 

家計管理がはじめての方は、まず「初心者でも出来る!私が実践する本気の家計管理とは」を読んでみてください。

 

財布管理の一本化

 

本気で家計管理をしたい!将来の安定した生活を確実なものにしたい!という思いがある人は、ぜひ財布の一本化をオススメします!

 

 

もし、夫のハードルが高いという場合は、例えば「小遣い制を採用しつつ、足りなくなればその分追加で渡す」などの妥協案を採用するなど、夫婦で一緒になって協力し合えるような体制を何とか作れるよう頑張ってみましょう!

 

決して夫が小遣いを何にどのように使ったのかを根掘り葉掘り聞き出すことは目的ではありませんので、何もかも全てを管理下に置くというようなことは避けるべきです。

 

大切なのは、家計管理ができる体制になっているかどうかです。まずは、お互いに納得できるベストな方法を探してみることからスタートです。

 

こちらもCHECK

あわせて読みたい
「お金の流れに逆らわないこと」が貯金できる家計への一番の近道!
「お金の流れに逆らわないこと」が貯金できる家計への一番の近道!「毎月思ったように貯金ができない」「家計簿をつけて出費も抑えているつもりなのに貯金がない」 こんな壁にぶつかっていませんか? もし壁にぶつかっている...

 

 

まとめ

 

財布のルールについて紹介しましたが、これから家計管理を進めていく上では財布管理の一本化は欠かせないといっても過言ではありません。

 

いずれ時が経って、「あの時、財布管理を一本化しておいて良かった!」とお互いに思えるような家計管理を私自身も目指していますし、このブログでも紹介していければうれしいことだと思っています。

 

家計管理というのは、いつ、どのタイミングからスタートさせることだってできます。もし、これから本格的な家計管理をやってみたいと思っている方は、私が実践する「本気の家計管理」を一つの参考にしてもらえれば大変うれしく思います。

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Contents
閉じる